BatteryNow の更新作業

test22_25

BatteryNow の更新作業を再開。

先ず、デザインの更新作業ではiPhone 5 (4″画面)に最適化してみました。

今までは、iPhone 4 で調整した画面をiPhone 5 に合わせたので、間延びした感じでしたが、iPhone 5 に合わせると今度は iPhone 4 でバランスが良くないかも、と言う感じに。

[adsense]

血圧レコ(更新作業中)

4_25

血圧レコの4インチ画面最適化の作業メモです、、

体温レコに習いまして、血圧レコの4インチ画面最適化の作業をしているのですが、この4インチ画面(iPhone5)に最適化すると、3.5インチ画面(iPhone4)では画面上下のどちらかがはみ出してしまうことがよくありますね。(無いか?)

(きっと xib ファイルを切り替える等の方法あるんだろうな?と思うのですけど。あまり良く調べていないのでわかりません。 出来るだけ手を抜いて、簡単に、かつ効果ある方法で行きたいです。

これをどうするか、3.5インチ画面では画面を上下にスライドさせるかな、、と実装したところ使いづらいのでNG。

この後、1〜2日経過、、(先入観があってか、気が付かないものです)

気が付いてしまえば、なんてことは無い簡単簡単!

3 (1)_25

3.5インチ画面では、ナビゲーションバーを消してしまえ〜ということで、このコードはこんな感じで、viewWillAppear に書くなり何なりしましょう。

[code language=”objc”]
if([[UIScreen mainScreen]bounds].size.height==568)
{
// iPhone 5 の処理
}
else
{
// iPhone 4 の処理
[[self navigationController] setNavigationBarHidden:YES];
}
[/code]

今回はたまたま?かも知れませんが、これで面倒なことにならなくて済みました。。
この他まだ作業は残っているのですが、7月中にはリリースできるか?

8月になっしまった。。 8月10日現在、動作テストも兼ねて、あとちょっとです。

体温レコ

jp_white_back_640_1136_3

breezi_placeit-1

本日7月2日に更新分が Ready For Sale となりましたのでUpしました。
体温レコver2.1です。。

 

以下紹介文になります。

体温の入力は ⇔ の上で指をすべらせるのみ!!  あとは登録ボタンを押すだけのシンプルな操作。 体温登録時にiOS 標準カレンダーに記録日時、体温データを送り、クラウドサービスの利用でデータの共有が可能となりPCから記録日時、データの参照が可能となります。 体温を記録して折れ線グラフで表示することができます。 スライダー、記録データ、グラフの温度単位は摂氏、華氏の両方に対応しています。

機能について

1, 簡単なユーザーインターフェースで体温を入力出来ます。

2, 体温は34℃から42℃まで0.1度単位で入力出来ます。

3, 登録データからCSV形式ファイルを生成してメールに添付する機能。
→ PCでメールを受け取り、表計算ソフトで開きグラフ表示等が行えるようになります。

4, 体温データの集計表示、平均、最大、最小、最大~最小の差、データ数。 集計データのメール作成。

5, 簡単なメモを記録出来ます。

6, 記録したデータは折れ線グラフで推移を表示できます。
横軸はデータ順と日付順から選択できます。日付順は2013年と2014年からの選択式にしています。  2016年度以降は追加予定です。

7, 体温データは摂氏から華氏へ変換して、両方のデータを記録管理します。 華氏データは非表示にできます。

8, 体温登録時にiOS 6 標準カレンダーに記録日時、体温データを送れます。 iOS標準カレンダーで記録日時、データの確認ができます。
クラウドサービスの利用で、データの共有が可能となりPCから記録日時、データの参照が可能となります。    ( https://www.icloud.com/ )

9, 記録データを簡単に追加、変更するメニューがあります。

10, 記録データの削除も簡単に出来ます。

11, 記録データのリセット可能。

12, 簡単な5分間タイマーを付けました。黄緑色のバーが右へ伸びていきます。

13, 体温フォント色は、白、グレイ、青、緑、ピンク、OFF(非表示)から選択出来ます。  背景色は白、黒、オレンジ、薄緑色から選択出来ます。

14, グラフの表示画面は4インチ画面(iPhone5)に最適化しました 。
3.5インチ画面(iPhone4等)ではグラフを上下にスクロールして全体を確認できます。
摂氏(°C)のグラフは上段、華氏(°F)のグラフは下段に表示されます。
華氏(°F)データの非表示は設定画面で行えます。